Porsche 718 BOXSTER


Home > ポルシェ - 718 BOXSTER


新世代のミッドシップロードスター718 BOXSTER

ボクスターがデビューから20年が経ち2016年4世代目として「718 BOXSTER」という車名へと改め従来の6気筒自然吸気から4気筒ターボになり発売された。
718とは、1957年から60年代にかけてル・マンなどの世界的な耐久レースやヒルクライムで輝かしい戦績を収め当時としては高度なメカニズムを持つ水平対向4気筒エンジンをミッドシップに積んでいた。レーシングマシン「718」に由来している。
エンジンは水平対向4気筒2Lターボエンジンは、最高出力300ps、最大トルク380Nm[1,950rpm~4,500rpm]を発生。
トランスミッションは7速PDK。
最高速度は「275km/h」燃費は「14.5km/L」(先代より1.3km/L向上)。
1,950回転から発生する310Nmの最大トルクは、体感上ではさらに低い回転域から発生しているように感じる。先代の2.7L6気筒でもトルクは十分であったが、それよりもさらに太く感じ、スムーズに強力な加速に貢献している。

Porsche 911 turbo type997
spec
メーカー Porsche
車名 718 BOXSTER
型式 982
年式 2016年
馬力 300
カラー キャララホワイトメタリック
内装色 ブラック
乗車定員 2名
ハンドル
トランスミッション 7AT
装備 ETC・ナビ
price
6時間 23,000円走行距離 125 km
12時間 31,900円走行距離 250 km
24時間 39,900円走行距離 500 km
1週間 199,500円
超過1時間 3,200円
営業所 東京営業所

※当日返却の場合は11時間レンタルとなります。

走行距離による追加料金

24時間 500km、 12時間 250km、 6時間 125kmの走行距離の制限がございます。
300円 / kmの超過料金が発生します。
予めご了承ください。

Other
免責額 対物:50,000円
車両:50,000円
免責補償プラン
オプション料金
3,240円/日
ノン・オペレーションチャージ(NOC) 自走可能:30,000円
自走不可:60,000円
現金預り金(デポジット)
※クレジットカードをお持ちでない場合
60,000円
グレードを選び、予約へ進む
長期レンタル可

30 日を超える長期レンタルをご希望の方は、
直接、営業窓口にお問い合わせください。

[お電話でのお問い合わせ]
東京営業所 tel : 03-3781-8270
営業時間 9:00 〜 20:00

また、最大トルクばかりが強化され、高回転域での回転の伸びが鈍くなっているようなこともない。
シャシーにも多くの最適化が施されリアサスペンションへのラテラルメンバーの追加によるリアサブフレームの強化、前後のショックアブソーバーのピストンとシリンダーチューブの大径化された。
ボクスターの弱点であったリアサスペンションの接地性を大幅に向上させおり、先代のボクスターはリアサスペンションをストラット形式としており、ここに横力が加わると、ときおりナーバスな挙動を見せていた。
しかしシャシーの変形が少なくなったせいか、そのリアサスペンションは実にスムーズにストロークするようになった。またこれによって1/2インチ幅を広げられたリアホイールを履きこなせるようになり、そのコーナリングスピードやスタビリティは格段に向上し、他にも電動ステアリングの10%のダイレクト化など様々な点が向上した。

ブレーキも先代ボクスターSの新しい「4ピストンキャリパー」と厚みが増した「ブレーキディスク」が採用された。マルチコリジョンブレーキシステムも採用され、2次衝突時の被害を軽減する。
走行すると電子制御ダンパーのPASMは、ノーマルとスポーツのどちらを選んでも走行中の動きを良く抑制し、ボディをフラットに保とうとしている。
乗り心地はスポーツカーだからといって必要以上に引き締まってる感じではなく安定していて雑味がない。
市街地などのドライブでも快適でステアリングも切れ味が鋭く、身のこなしは小気味良い感じである。
峠などの山道やスポ―ツドライイブ時はしっかりとスポーツカーとして身のこなしも先代より一層磨きが掛かっている。
エクステリアではラゲッジコンパートメントリッドとフロントウィンドウを除くすべての部分を一新しフロント部は先代よりもワイドな設計になるとともに、フロントの大型クーリングエアインテークは新ターボエンジンを搭載していることを表現。サイドビューでは2つのルーバーを備えた大型エアインテークパネルを、リアビューではテールランプをつなぐように配される"Porsche"のロゴが入ったアクセントストリップを採用しダイナミックかつワイドなルックスを表現した。
今回のデビューと共に「PCM」(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)が新たに718ボクスターに搭載された。
インターネット経由でカーナビの地図ソフトを最新に更新出来ることをはじめとして、さまざまなことがPCMによって可能になった。これまで日本仕様のポルシェ各車には型遅れのとても古いカーナビが搭載されていたが、大幅に向上しラジオなどもストリーミングで世界中の放送局を聴くことができる。
他にも便利で様々な事ができる様になり最新鋭の機能が充実し、インターネットへの常時接続がドライブの楽しみが拡大した。

※プレミアムレンタカーでは、Porsche 718 BOXSTERをレンタカーでご用意しています。
   レンタル料金「6時間23,000円」〜