レクサス - LS500h


Home > レクサス - LS500h


より鋭く、より優雅に 全世界に誇るThe Flagship

「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めて新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインで、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたレクサスフラッグシップセダンの新型LSは2017年1月にデトロイトで世界デビューを飾り、国内では2017年10月に発売された。

新型LSは先に発売されたLCの4ドアセダン版と言われるがプラットフォームはまったくの新設計で「GA-L」と呼ばれるフロントミドシップのプラットフォームをベースとし新世代のプラットフォームを使い、操舵応答性や操縦安定性の向上をはかったという。
ホイールベースをLCの2840mmから255mm伸ばして3125mmにまで拡大している。

レクサス - LS500h
spec
メーカー レクサス
車名 LS500h I PACKAGE
型式 -
年式 2018年
馬力 299
カラー ブラック
内装色 ブラック
乗車定員 5名
ハンドル
トランスミッション 3456cc
装備 ETC・ナビ
price
6時間 59,020円
12時間 67,450円
24時間 84,320円
1週間 421,600円
超過1時間 6,700円
営業所 東京営業所

※当日返却の場合は11時間レンタルとなります。

Other
免責額 対物:80,000円
車両:50,000円
免責補償プラン
オプション料金
6,480円/日
ノン・オペレーションチャージ(NOC) 自走可能:40,000円
自走不可:80,000円
現金預り金(デポジット)
※クレジットカードをお持ちでない場合
100,000円
グレードを選び、予約へ進む
長期レンタル可

30日を超える長期レンタルをご希望の方は、
直接、営業窓口にお問い合わせください。

[お電話でのお問い合わせ]
東京営業所 tel : 03-3781-8270
営業時間 9:00 〜 20:00

ボディーバリエーションはロング側に一本化され、その全長は5235mm、全幅は1900mm、全高は1450mm、ホイールベースが3125mmとなる。競合車であるメルセデス・ベンツSクラスロングと比べればその寸法は近いが、全高は45mm低い。これはポルシェといったオルタナティブなLセグメント勢が押し出すスポーティネスへの意識がうかがえるが、後席着座高は従来と同等を確保したほか、ドアは開閉リーチを短縮するためにキャビンを6ライト化するなど、無視できないショーファードリブンユースへの要望にもしっかり応えている。

エクステリアデザインは、最新のGA-Lプラットフォームと6ライトキャビンデザインの採用により、従来のセダンとは違う斬新なデザインで存在感溢れるボディとなりフロントからリヤに向けてのシャープなラインと突き出したフェンダーが、流麗かつ堂々とした風格を醸し出している。
LSのデザインを引き継ぎつつ、攻めたデザインも採用することで、新しいレクサスセダンのスタイルを確立した。
さらにドアフレームとガラスの段差が少なくなったフラッシュサーフェスウィンドウを採用しており、滑らかで美しいボディラインを実現している。
フロントは低いフードと抑揚あるフェンダーにより立体的な構造に、さらに迫力のあるスピンドルグリルとその切り返しに呼応したバンパー形状で、フラッグシップらしい威厳に満ちた表情になった。
また、リアデザインサイドから回り込む連続性のある造形となっており、リヤコンビネーションランプを中心に全体にスピンドル形状のテーマを採用することで重心の低さとワイドさを表現している。

エンジンとモーターはV型6気筒3456ccエンジン(299ps/6600rpm・356Nm/5100rpm)+モーター(180ps・30.6kgm)を持つハイブリッドシステムを採用しモーターだけで30.6kg-mもトルクもあり市街地のEVモードでも十分速い。新型システムはエンジン最高出力を使用できる車速領域が従来の時速120kmから時速160kmに引き下げられている。実用上カバーする範囲が拡大しているのも特徴だ。

変速はLCで初採用されたハイブリッド用有段変速機構「マルチステージハイブリッド・トランスミッション」。

室内機能や安全機能も世界に誇るレクサスの最新技術が採用されており、メーター部のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイの表示内容は運転状況に合わせて大きく変化する。また、ナビゲーション等に加えてシートポジションまで操作することが可能になったセンターコンソールのタッチパッド式「リモートタッチ」も魅力の一つだ。

ウインカー操作連動の「レーンチェンジアシスト」や、ナビデータ連動のカーブ速度抑制機能、歩行者との衝突を操舵支援でアクティブに回避する「プリクラッシュセーフティー」、歩行者やガードレール等との衝突が回避できないと判断した際には、ステアリングを切って対象物を避けるという「アクティブ操舵回避支援機能」、(※自車が走行している車線内で安全に回避するために作動するもので回避するためのスペースがない場合や、回避したとしてもその先に障害物があると思われる場合には作動しない)
そしてドライバーの無反応状態を感知するとハザードやホーンで周囲に異常報知しながら緩減速〜停止を支援するシステムなど、ADAS(先進運転支援システム)系の装備は大幅にアップデート。
予防安全装備の充実さも新型LSの大きな特徴で。「アクティブセーフティパーキングサポートブレーキ」では、世界初・バック時に車両後方にいる歩行者を検知して自動ブレーキを作動させる機能を内包している。
それらの作動状況をドライバーに伝えるデバイスとして、新型LSは600mm×150mmの表示領域をもつ超大型の高精細HUD(ヘッドアップディスプレイ)を採用している。

※プレミアムレンタカーでは、レクサス LS500hをレンタカーでご用意しています。
   レンタル料金「6時間59,020円」〜