Mercedes-Benz C200 W205 AVANTGARDE Sport edition


Home > メルセデス・ベンツ - C200 W205 AVANTGARDE Sport edition


レフトハンドルDセグメントフリークの為の 365台限定車「C200AV Sport edition(本革仕様)」

2007年6月に先代(W204型)が日本に導入され国内でもインポートカー・オブ・ザ・イヤー2011-2012に輝いたほか、2011年と2012年には2年連続でセグメントナンバー1の販売を達成したばかりだが。国内販売開始からほぼ7年が経過しフルモデルチェンジを迎えた新型C-Class(W205型)。先代のW204型に比べて全体的に外寸がひとまわり大きくなった。全長は4,690mmと約10cmも伸びたほか、ホイールベースは80mm増となる2,840mmに拡大。全幅は40mmワイドな1,810mmと、ついに1.8mを超えて競合車と同等となった。
これにより室内空間も拡大し、先代では不満も聞かれた後席ニースペースも拡大している。ボディ構造はスチールとアルミのハイブリッドで、約50%をアルミが占めている。これによって先代Cクラスより軽く仕上げられた。そのおかげで、実に走りが軽やかなのだ。さらに、ドアやボンネット、ルーフなど外板パネルの大半にアルミを採用するなど徹底した軽量化を図った結果、先代と比べて、ホワイトボディで約70kg、ボディ全体で約100kgもの軽量化を実現した。この革新的な車体の採用により、重心高が低下することで、よりスポーティで俊敏なハンドリングが得られるほか、騒音や振動、ハーシュネス特性が改善され、動力性能を犠牲にすることなく燃費を最大30%以上が向上するなど、数多くのメリットがもたらされた。

Mercedes-Benz C200 W205 AVANTGARDE Sport edition
spec
メーカー メルセデスベンツ
車名 C200 (W205) AVANTGARDE Sport edition
型式 W205
年式 2015年
馬力 184
カラー オプシディアンブラック
内装色 ブラック
乗車定員 5名
ハンドル
トランスミッション 7AT
装備 ETC・ナビ
price
6時間 20,800円
12時間 23,800円
24時間 29,800円
1週間 149,000円
超過1時間 2,300円
営業所 東京営業所

※当日返却の場合は11時間レンタルとなります。

Other
免責額 対物:50,000円
車両:50,000円
免責補償プラン
オプション料金
3,240円/日
ノン・オペレーションチャージ(NOC) 自走可能:30,000円
自走不可:60,000円
現金預り金(デポジット)
※クレジットカードをお持ちでない場合
30,000円
グレードを選び、予約へ進む
長期レンタル可

30 日を超える長期レンタルをご希望の方は、
直接、営業窓口にお問い合わせください。

[お電話でのお問い合わせ]
東京営業所 tel : 03-3781-8270
営業時間 9:00 〜 20:00

エンジンは第三世代の直噴システムであるBlueDIRECTテクノロジーを採用。常に最適な燃焼状況を作り出すピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システムなどにより、ゆとりある動力性能と高い環境性能を両立する274型 直列4気筒 ターボチャージャー付 1991cc。

最高出力[184ps]/5,500rpm、最大トルク250Nm[30.6kgm]/1,200-4,000rpmを発生し加速は0-100km/h 8.2秒だが燃費効率に優れ、エコカー減税100%免税を達成している。

ミッションは燃費とレスポンスを向上させた「電子制御7速A/T 7G-TRONIC PLUS」。新開発のトルクコンバータなど、数々の新技術を搭載しダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィール、優れた耐久性、静粛かつスムーズなギアシフトも実現した。
サスペンションは連続可変ダンパーとエアサスペンションを電子制御する事で快適性と俊敏性を両立するAIR MATICサスペンション機構である。同セグメントでは初となるエアサスペンションだが、さすがメルセデス・ベンツ。
安定性抜群で乗り心地がよく、かつてないスポーティで俊敏なハンドリングとクラスを超えた快適性を実現。

ドライブフィールは動き出した瞬間に、軽さとしっかり感が同居した、正にアルミとスチールのいいとこ取りというべきハイブリッドな感覚に包まれ極めて静かに、かつ快適に、その圧倒的な走りの性能を即座に見せつけてくれた。メルセデス・ベンツ自らが、Cクラス(W205型)の説明において「NVH(=ノイズ/バイブレーション/ハーシュネス)における、このクラスのベンチマークになる」と言うだけのことはある。

車速感応式パワーステアリングは微低速だと驚くほど軽く車速が上がっていくほど重みを感じ60km/hくらいまでスピードが上がるとかなりどっしりとし速度や状況に応じて最適なステアフィールである。エクステリアはロングボンネットとショートオーバーハングの組み合わせによるメルセデスの伝統的なセダンスタイリングを形成しながらも、フロントグリルに配置されたスリーポインテッドスター、フルLEDヘッドライト、そしてダイナミックかつ流麗なサイドデザインなど、最新のメルセデスデザインで仕上げられていてデザイン責任者がゴードン・ワグナー氏による、独自の世界観がスタイリングが話題の的でありSクラス(W222型)で完成させた最高峰の世界観であるが、このW205型は一見しただけではわからないほどSクラス類似し開発テーマのひとつがベビーSクラスと言われるほど確信犯的な施策で印象がここまで接近したのは、初代以来と感じる。

そして、その世界観はこの新型Cクラスで、確固たるものとなったといえる。インテリアの仕上げはさらに圧巻だ。洗練された雰囲気、そして心地よい時間をすごせ、滑らかな風合いとしっとりとソフトな手触りが特長の上質なナッパレザーを使用したステアリング。品のある輝きが目を引くシャドウシルバーメッキのスイッチ類。ドアトリムやセンターダッシュボード&コンソールのデザインおよび仕上げクオリティは、まさに1クラス上の出来栄え。新設となったタッチバッドベースのコマンドシステムはオブジェとして思うくらいに立派で過去のベンツにはなかった感性の発露である。最新の操作系もそなわって、Eクラスを完全に凌駕しスイッチを初めとしてSクラスと共通のパーツ類が多く採用され、完全にこのクラスの常識を打ち破っている。

こちらの車両は限定365台のC200AVSport editionで日本仕様車ではAMGモデル以外では初となる左ハンドル仕様とし、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)、18インチAMG5スポークアルミホイール、AMGスポーツステアリング、レザーARTICOダッシュボード、ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)、AMGフロアマット、Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)、AIRMATICアジリティパッケージで構成されたAMGラインを特別装備。前席シートの仕様に合わせて装備内容が一部異なる2仕様が用意されており、レザーARTICO AMGスポーツシート(前席)を採用したベース仕様にはパークトロニック、アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)、前席シートヒーターで構成された「ベーシックパッケージ」を特別装備。レザーARTICO AMGスポーツシート(前席)を採用した本革仕様は、「ベーシックパッケージ」に加え、ヘッドアップディスプレイ、自動開閉トランクリッド、ハンズフリーアクセス(トランク自動開閉機能)、助手席メモリー付パワーシート、助手席電動ランバーサポート、エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付)を追加した「レザーエクスクルーシブパッケージ」とパノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)を特別装備している。
最近の国内ディーラーの左ハンドル設定車種減少の時代の中で、左ハンドルドライブフィールフリークにぜひ堪能して頂きたい限定車である。

※プレミアムレンタカーでは、メルセデスベンツ C200 W205 AVANTGARDE Sport editionをレンタカーでご用意しています。
   レンタル料金「6時間20,800円」〜