BMW 320i M-sport G20


Home > BMW - 320i M-sport G20


新たな領域へ BMW 320i M-sport G20

1975年の誕生以来、BMWの看板ともいえる立ち位置で先頭を走り続けてきた3 series。
時代の最先端を余すことなく搭載し、世界中の走りを愛する人々へ走る喜びを与えてきた。
そんな「BMWの真髄」とも言える存在が、いま、7世代目として、さらなる進化を遂げた。
2018年のパリモーターショーで正式にデビューした7代目「BMW 3 Series」。
開発コード「G20」となる新型のボディサイズは全長4709×全幅1827×全高1442mmで、従来モデルと比べると76mm長く、16mmワイドになりホイールベース(2851mm)も41mmも伸びた。
先代モデルと比べ、全体のサイズが大きくなったが、約55Kg*軽量化し、重心は低くなり、トレッド幅を拡大、50:50の前後重量配分を維持している。乗り心地やダイナミクスにおいて、さらに磨きがかかった。

BMW 320i M-sport G20
spec
メーカー BMW
車名 320i (G20) M-Sport
型式 G20
年式 2019年
馬力 184
カラー アルピンホワイト3
内装色 ブラック・ブルーステッチ・ヴァーネ
乗車定員 5名
ハンドル
トランスミッション 8AT
装備 ETC・ナビ
price
6時間 24,400円
12時間 27,900円
24時間 34,900円
1週間 174,500円
超過1時間 2,700円
営業所 東京営業所

※当日返却の場合は11時間レンタルとなります。

Other
免責額 対物:50,000円
車両:50,000円
免責補償プラン
オプション料金
3,240円/日
ノン・オペレーションチャージ(NOC) 自走可能:30,000円
自走不可:60,000円
現金預り金(デポジット)
※クレジットカードをお持ちでない場合
30,000円
グレードを選び、予約へ進む
長期レンタル可

30日を超える長期レンタルをご希望の方は、
直接、営業窓口にお問い合わせください。

[お電話でのお問い合わせ]
東京営業所 tel : 03-3781-8270
営業時間 9:00 〜 20:00

エンジンは1998cc直列4気筒DOHCターボで最高出力184ps(135kW)/5,000rpm、最大トルク300Nm/1,350-4,000rpmを発生し組み合わされるミッションは8AT。

8 SeriesやZ4と共通性があるエクステリアデザインは、精悍さを増したキドニーグリルとLEDヘッドランプや、フロントバンパー下部のT型シェイプのエアインテークが特徴。

インテリアデザインはセンターコンソールがドライバー側にオフセットした伝統的ドライバーズカーでインテリジェントなアシスタント機能と数々の革新技術を集約し学習機能をその得たナビゲーションシステムを搭載し「BMWライブ・コックピット」。
機能面では驚くほど進化しており、BMW新時代の幕開けと言っても過言ではない。
革新的な操作コンセプトが、音声やタッチスクリーンを介して直観的な操作を実現しさまざまなカスタマイズが可能となった「BMWオペレーション・システム7.0」。
ドライバーが常に前方の道路状況に集中できるよう装備された「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」。トップ・ビュー+3Dビュー、サイドビュー、カメラ、リヤ・ビュー・カメラ、PDC/パーク・ディスタンス・コントロール、縦列駐車と並列駐車を自動で行うリア・ガイダンス付きパーキングアシスト「パーキング・アシスト・プラス」。などの情報は、高解像度コントロール・ディスプレイと12.3インチのフル・デジタル式インスツルメント・ディスプレイから構成されるディスプレイ・ネットワークによりわかりやすく表示される。
AI音声会話システムBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AI音声会話システム)は、ドライバーの音声を認識しナビや空調をコントロールしたり、直近のステアリング操作を記憶し、同じルートを自動でバックするなど、さまざまな革新機能を搭載しています。  「OK、BMW。」最新のコネクティビティ技術を駆使することで、より高度なコミュニケーションが可能となった。

G20型から標準装備となった「リバース アシスト」機能。狭い道ですれ違いや前進が不可能な時、慌てずにギアをバックに入れてモニターのリバース アシスト ボタンにチェックを入れるだけで、ステアリングから手を離した状態で今来た通りのルートで帰ることができるというもの。35Km/h以下の走行時に、直近50mのドライビング・ルートを自動的に記録し、必要なときにはこれまでドライブしてきたルートに沿って自動でステアリングを操作しながら後退できるようにし、ドライバーはステアリング操作を気にする必要がなく、車両の周囲の状況に注意できる。

車両周辺監視用、中距離検知用、長距離検知用の単眼カメラをそれぞれ搭載し、より正確なレーン・キーピング、より長距離の危険予測、より高角度視野での周辺危険予測を実現した。

渋滞時の疲労を軽減ミリ波レーダーやカメラが絶えず前走車や道路の車線を検知し、前方の車両との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、低速走行時には車両停止までの制御を行ないます。前方の車両に急ブレーキがかかると、まず表示で警告、次に音声によってドライバーに危険を喚起します。ドライバーが反応せずブレーキをかけない場合は、自動的にブレーキを作動させて衝突を回避する「ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」

車線のはみ出しをドライバーに警告する車線逸脱警告システムは、フロント・ウインドーのカメラで車線表示を検知し、70km/h 以上での走行時に車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを軽く振動させてドライバーに警告する。しかしターン・インジケータの操作された意図的な車線変更の場合には警告は行われない 「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」。

ボディ側面の前後左右に装備された4つのセンサーが車両側面の交通状況を監視。隣り車線で走行する車両が、自らの車線に入ってくるなど、側面衝突の危険性が高まった場合には、走行中の車線を維持しながら、接近してくるクルマから距離を取るようにステアリング操作に介入し、ドライバーの危険認知を助けると同時に衝突回避をサポートし360°の目が危険を回避する「アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション」。

システムが、ブレーキかステアリングで衝突を自動回避ステアリングやブレーキの操作など、ドライバーによる事故回避行動がないまま、衝突が不可避と判断された場合、システムが自動的にブレーキをかけて先行車や歩行者との衝突回避・被害軽減を図りブレーキによって衝突が回避できない場合は、ステアリングが介入し走行中の予期せぬ危険を予防することで常にリラックスしてBMWならではの走りを愉しむことができる「衝突回避・被害軽減ブレーキ (事故回避ステアリング付)」。

必要な情報はフロント・ウインドーに投影し現在の車速、ナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示、前車接近警告、曲名やラジオ局のリストなど、さまざまな情報をドライバーの視界内のフロント・ウインドーに直接表示することができ、情報は人間工学に基づいて表示され、高さを調節することも可能。常に路面を注視する視線移動を減らすことで安全性と快適性が高まり、卓越したパフォーマンスに集中してドライブを愉しむことができる「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」などさまざまな機能を搭載している。

さらに M-SPORTパッケージ/デビューパッケージ装備車の為、Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロント・エプロン、サイド・スカート、ディフューザー・インサート〔ダーク・シャドー・タリック仕上げ〕を備えたリヤ・エプロン)、クローム仕上げキドニー・グリル(ハイグロス・ブラック・バー)、LEDフォグ・ランプ 、19インチ Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング791M、Mスポーツ・サスペンション、BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア、Mエクステリア・バッジ、デュアル・エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)、マルチファンクション Mスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)、スポーツ・シート(運転席&助手席)ヴァーネスカ・レザー・シート、アッシュ・グレーブラウン・ウッド・トリム、ドア・シル・プレート(Mロゴ付)、M専用リモート・コントロール・キー、BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニング、専用センサテック・インストルメント・パネルなど様々な装備が詰め込まれている。
さらにコンフォートパッケージ車の為、「オートマチックトランクリッド」も装備されている。
トランクラゲッジスペースは480Lと十分なスペースを確保している。

※プレミアムレンタカーでは、BMW 320i M-sport G20をレンタカーでご用意しています。
   レンタル料金「6時間 24,400円」〜