BMW 218i Gran Tourer M Sport(F46)


Home > BMW - 218i Gran Tourer M Sport(F46)


BMW史上初FF Sport Multi Purpose Vehicle

後輪駆動のFR方式にこだわり続けてきたBMWであったがファミリー層をターゲットにした『2 Series Active tourer』ではBMW史上初のFFモデルを採用しスペース効率にこだわったアクティブツアラーに続く第2弾として送り出したのが3列シート、7人乗りの『2 Series Gran tourer』が販売された。
世界を見回しても量産自動車メーカーの中では最後発のFFモデルとなる。
この218i Gran tourre M-sportはMエアロダイナミクスパッケージを採用し、よりスポーティなエクステリアデザインとなっている。また足回りにはMサスペンションを採用するほか、各部にBMWのハイパフォーマンスモデルを手がけるBMW M社が開発した専用装備を数多く搭載している。

BMW 218i Gran Tourer M Sport(F46)
spec
メーカー BMW
車名 218i Gran Tourer M Sport
型式 F46
年式 2016年
馬力 136
カラー アルピンホワイト3
内装色 マイクロ・ヘキサゴン・クロス/アルカンターラ
乗車定員 7名
ハンドル
トランスミッション 6AT
装備 ETC・ナビ
price
6時間 12,000円
12時間 14,000円
24時間 17,500円
1週間 87,500円
超過1時間 1,400円
営業所 東京営業所

※当日返却の場合は11時間レンタルとなります。

Other
免責額 対物:50,000円
車両:50,000円
免責補償プラン
オプション料金
3,240円/日
ノン・オペレーションチャージ(NOC) 自走可能:30,000円
自走不可:60,000円
現金預り金(デポジット)
※クレジットカードをお持ちでない場合
30,000円
グレードを選び、予約へ進む
長期レンタル可

30 日を超える長期レンタルをご希望の方は、
直接、営業窓口にお問い合わせください。

[お電話でのお問い合わせ]
東京営業所 tel : 03-3781-8270
営業時間 9:00 〜 20:00

エンジンは1.5L直列3気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力100kW [136ps] / 4400rpm、最大トルク220Nm [22.4kgm] /1250-4300rpmを実現し、すでにMINIにも搭載されている新世代エンジンで、6速のアイシン製ATと組み合わされている。このエンジンは低速から力強いトルクを発生し、3気筒ならではの軽やかな吹け上がりと自然なレスポンスが特徴だ。

ステアリングの重さは適度だし、路面からのフィードバックも十分に感じられる。
こちらのモデルはM-sportなので標準装備されている本国のスポーツサスペンションよりさらに硬めの設定になっており18インチホイールが装着しており、ファミリーカーというイメージではなくしっかりとBMWらしさを堪能でき足回りは節度感を持ちながら良く動き、ハンドル操作にも素直に反応し、ハンドルに伝わる手応えも正確で、スポーティに気持ちよく走れる。
メーカーはFR的な「俊敏なハンドリング」と評しFFとは思えないほど素直にストレスなく走れる完成度に驚くはず。走行モードをスポーツにしたときは特にその傾向が強く感じられる。

コンパクトなボディに3列シート、7人乗車を可能としたGran tourerはサイドからのスタイリングは2780mmのロングホイールベースと短く切り詰められた前後オーバーハング、そしてメーカーが「シャークノーズ」と名付けた前傾したキドニーグリル、さらにフロントウィンドウ上端からテールゲート後端にかけ緩やかに傾斜させた伸びやかなルーフラインが特徴だ。また流れるようなボディラインから力強く張り出すリアのフェンダーによってスポーティさも強調している。従来のBMWのラインアップ・モデルとはまったく違うのだが、デザイン的にフロントのデザインは両サイドに広がる大型インテーク、リアは幅広のL字型リアコンビネーションランプによってワイドで力強い印象を与えるデザインでBMWのデザインアイコンを盛り込むことでファミリーの一員らしくまとめ上げている。
日本の道路環境でちょうど良いともされるサイズでもあり、ギリギリではあるが立体駐車場適応サイズに納めているのが魅力だ。

インテリアはモダンでプレミアムな雰囲気を実現し室内空間の広がりを強調させるためダッシュパネルからドアパネルにかけ複数の水平ラインを重ねながら空間を分割するというレイヤリングという手法をデザインに取り入れている。センターコンソールはドライバー側に向け角度が付けらドライバー・オリエンテッドなドライバーズシートを意識したデザインとした。iDriveナビゲーションシステムの8.8インチモニターがダッシュパネル中央に配し、その操作を行うタッチパッド付きiDriveコントローラーを自然に手が届く位置にレイアウトしている。
乗り込んで最初に気付くのは、この車の着座位置が普通のミニバンよりも低くBMWらしいスポーティーさを感じることができる。また、エルゴノミクスの面でもうまく考えられており、特にヘッドアップディスプレイは使いやすく、ここにはナビ画面や現在の走行速度、走行中の道路の制限速度が表示される。

ラゲッジ容量は3列7人乗りの際の荷室容量はミニマムだが、3列目を格納すれば560L、2列目の背もたれも倒せば1820Lという大空間を確保できる。自転車を積んでのレジャーなど、さまざまな遊びのシーンが思い浮かぶはずだ。6対4分割の2列目には130mmのスライド機構も付きフレキシブルに使える。また細かな要素だが、大きい床下収納があるのも魅力だ。
安全性能では標準装備のドライビングアシスト機能をさらに強化する「アドバンスド・セーフティ・パッケージ」装備なのでさらに充実している。ドライビング・アシストはカメラを使用したシステムで、「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)」および、「前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ(歩行者検知機能付)」が装備。
ドライビング・アシスト・プラスは、ドライビング・アシストに加え、「ACC /アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」は、ドライバーが任意に設定した速度をベースに、先行車との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、高速走行をサポート。
「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)」は走行車線を検知し、60km / h 以上の走行時に車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを軽く振動させてドライバーに警告します。前車接近警告機能は、常に前方をモニターしており、先行車に接近すると、まず予備警告として、メーター・パネルの警告灯で注意を喚起します。急速に接近した場合は緊急警告が作動し、警告音を発して、衝突を避けるように強く促すとともに、システムが予めブレーキ圧を高め、ドライバーのブレーキ操作時に瞬時に最大の制動力を発揮できるよう備えます。
ドライバーが常に前方の道路状況に集中できるように、現在の車速、ナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示、チェック・コントロール、前車接近警告、曲名やラジオ局のリストなど、さまざまな情報をフロント・ウインドウに投影する「BMWヘッドアップディスプレイ」は2Series専用設計になっている。
さらに「コンフォートパッケージ」なのでキー、またはテールゲートに備え付けられたボタンによって、テールゲートを自動的に開閉できる「オートマチック・テールゲート・オペレーション」機能。リモートコントロールキーをポケットなどにいれたままドアの開閉、エンジン始動が可能となるシステムです。荷物で手がふさがっている時に便利なテールゲートのスマート・オープン・クローズ機能「コンフォート・アクセス」。ドアハンドル照明、リーディングライト(フロント&リア)、フットウェルライト(フロント)、照明付バニティミラー(運転席&助手席)、アンビエントライトなどが装備される「ライトパッケージ」が装備されてる。

※プレミアムレンタカーでは、BMW 218i Gran Tourer M Sport(F46)をレンタカーでご用意しています。
   レンタル料金「6時間12,000円」〜